プロペシアは長期服用前提の医薬品です

プロペシアはAGAの特効薬と言われている医薬品です。AGAは遺伝子の影響により体内酵素の5α-還元酵素、そして男性ホルモンの一つでもあるテストステロンが結び付いて、ジヒドロテストステロンに変換が行われる事で薄毛が生じるもので、プロペシアは5α-還元酵素を阻害する性質を持っています。
ジヒドロテストステロンは強制脱毛ホルモンとも呼ばれているもので、正常な男性ホルモンのテストステロンが変化したものです。
毛髪の成長サイクルを乱す事からも、毛乳頭細胞を抑制させてしまい、新しい毛髪が生えて来ても、すぐに毛髪を抜けさせる指令を送りだすため、薄い部分が広がってしまうなどの特徴があります。
プロペシアは体内の酵素を阻害して、テストステロンと結び付かないようにするという効果を持っています。
これにより、毛髪を脱毛させてしまう指令がなくなるので、毛乳頭細胞は邪魔されるものがなくなるため、髪の毛が生えて来る効果を実感する事が出来るようになるわけです。
尚、プロペシアを服用して間もない頃には初期脱毛と呼ぶ副作用が現れるケースがあります。
しかし、これは一時的なもので服用し続ける事で髪の毛は太く長く伸びるようになって来ます。

プロペシアはAGAの専門クリニックなどで処方して貰える医薬品ですが、プロペシアはAGAの薄毛以外には効果がないので、遺伝子検査を受けてAGAの症状を特定したり、副作用のリスクなどについて血液検査を行ったりする必要があります。
ちなみに、プロペシアは保険が利かないので、費用は全額自己負担になります。
そしてプロペシアは長期的な服用が重要で、発毛の期待が出来るなどからも利用する人が多くなっています。
プロペシアの服用方法は、1日1回、1mgの錠剤を水もしくはぬるま湯で飲む形になります。
病院では検査などを行った後に、プロペシアを処方して貰えるのですが、一般的には1か月分が処方が行われるので、毎月1度の割合で通院を行う必要があります。
但し、通院と言っても医薬品を処方して貰うだけではなく、1か月間の中での発毛の効果のチェックや副作用が起きた時の注意点などについて教えて貰う時間であり、処方を受ける時には必ず問診が行われるのが特徴です。
尚、プロペシアには男性機能を低下させてしまう副作用があるなどの注意点があります。
勃起不全や精子の量が減る、性欲が減退するなどの注意点がありますが、何らかの異常を感じた時にはかかりつけ医に相談をする事が大切です。