発毛とコラーゲンの意外な関係とは

タンパク質の一種でもあるコラーゲンは、発毛との密接な関係を持っています。
コラーゲンは体のベースとなる土台を作ったり、細胞同士を結びつけたりしています。
栄養素や酸素の受け渡しなどの約メモしていて、新陳代謝を活発にするためにも働いています。
真皮にはコラーゲンが80%程を占めているため、潤いにも必要不可欠な存在です。

毛母細胞や毛乳頭は真皮層というのは、コラーゲンたっぷりの真皮層に存在しています。
血液によって栄養素や酸素は運ばれていて、真皮層にまで来ると、そこからはコラーゲンなどの細胞によって栄養は受け渡されることになります。
こうしてたっぷりの栄養を受け取るため、毛母細胞や毛乳頭は、色の濃い丈夫な毛髪をつくることになります。
太くて丈夫になった毛髪コラーゲンのあるおかげで、細くて弱い毛髪も、丈夫なもう八へと変化をすることができます。
これだけでも発毛には、大きく貢献していることがわかります。

繊維芽細胞によって分解し合成されることで、コラーゲンは毎日作られているものです。
コラーゲンが足りなくなると肌弾力は失われますし、毛髪のベースになっている真皮は空洞化を起こすことになります。
スカスカな状態では、毛髪は抜けやすくなります。
ですからコラーゲンは、抜け毛を防ぐためにも重要です。

毛髪は真皮層のコラーゲンによって、成長に必要な栄養成分を受け取っています。
栄養成分が毛乳頭にまでしっかりと届いていれば、毛母細胞における分裂は活発になります。
色素細胞も色素供給ができるために、色の黒い健康的な毛髪へと成長していくことができます。
真皮層にコラーゲンが豊富にあることで、発毛は促進されることにもなります。
コラーゲンがたっぷり存在することで、毛髪にはハリやコシも出てきて、ツヤのある若々しい髪の毛が成長します。