発毛とリバウンドが起こる原因は?

発毛剤や育毛剤を使用しても、効果を維持するためには、ずっと継続して使用することが必要となります。
使用を中止するとによって、毛髪が徐々に使用前の元の状態に戻りますから、つまりはリバウンドということになります。発毛剤のリバウンドで薄毛になってしまった男性

抜け毛が増えて薄毛の原因になっているのは、男性ホルモンのDHTの活発な働きによるものです。
育毛剤や発毛剤は、血管を拡張する作用がありますから、血流を良いものへと改善することができます。
これによって毛乳頭細胞へと働きかけますから、毛髪の細胞増殖因子を産生させることになります。

薄毛の進行の原因となる性ホルモンDHT自体を、抑制したり除去しているわけではありません。
しかし発毛のためには力を発揮しているものですから、利用の価値は大いにあるのです。
それをやめてしまうことが原因で、当否にはリバウンド現象が引き起こります。
発毛に対して働きかけるプラスの要因がなくなりますから、残るは男性ホルモンDHTになってしまうのが原因で、抜け毛や薄毛へのリバウンドは起こるのです。

こうしたリバウンドを防止させるためには、地道な努力も継続をさせていきましょう。
そのひとつは、頭皮環境の改善です。育毛剤などは根本的な毛髪の改善アイテムではありません。
最も大切なことは、頭皮の健康的な環境を音の得ていくことです。
過剰な皮脂分泌を起こさないようにして、できるだけ当否は清潔な状態に保ちましょう。

さらには頭皮にも、適度な潤いを与えることは大切なことです。
頭皮をシャンプーで清潔にしたら、血行をよくするためのマッサージを行いましょう。
体内の血流をよくするためには、適度な運動をすることも大切なことです。
こうした日々の努力が、健康な発毛を後押しします。